忍者ブログ
  • 2017.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/30 06:26 】 |
サンクリ54お疲れ様でした
遅くなりましたが

サンクリ54お疲れ様でした

そして毎度の事、本をお買い上げいただいた方々ありがとうございました。
声もかけていただけたり、常連の方もいらっしゃってくれて
これがあるからイベント事はやめられませんね。

また次のイベントでも、近くにお越しの際はよろしくお願いいたします


そういえば今回のサンクリ
何でもAホールがものすごい人だかりだったらしいですが
いやはや大手有名サークルさんはスゴイですね

どん底かしわめし的には大手サークルになるというより
一人でも多くのシャイニングシリーズファン(もしくは姫様好き)を増やしつつ
至高の一冊が作れたらなと思っております


それでは次のイベント参加予定はガポっと空いてCOMIC1予定ではありますが
その時にはより良い本を作り上げられますよう精進いたします

改めて今回も、ありがとうございました!



またひさびさにアンケートまた始めましたので
よろしければご意見等よろしくお願いいたします!

ab74ad46.jpeg





























雑記:

早海さんと呼ばれる日が良いですね

あれのお話まるパクリで姫様話にすげ替えた「キリヤさんと呼ばれる日」というネタが浮かんだんですが

僕しか喜ばないですね、そんな本w


でも姫様もキリヤ家に嫁いで庶政の暮らしをやったら、ああいう状態になりそうw

日々の家事にてんてこまいで涙目になる姫様たまらん!
PR
【2012/01/23 22:54 】 | 未選択 | 有り難いご意見(5) | トラックバック(0)
<<ハーツのアニメがはやく始まらないかなぁ | ホーム | 明日はBホールにて>>
有り難いご意見
無題
冬コミ買いました。SEXがクララとキリヤの二人だけで濃く気に入りました。おっぱい・乳と交互に連呼しながらタップリの乳攻めでいいです。
次回は水着・腋攻めですか。シャワー室で白のハイレグ水着のクララの両手首を縛り上から吊るす。後ろからロング髪と腋のニオイを嗅ぎ、髪を手で触り二の腕や腋をなぞってほしい。大きな乳でキツキツの水着の腋の横から手をいれ逃げ場のない乳と乳首をを飽きることなく揉みしだく。イモムシのように動く指やゴツゴツした拳が水着の上からわかるといい。縛ったまま少し吊るすのを調整し下げてクララを正座を崩したポーズにしてチンポを手を入れた同じ場所から挿入し水着と乳とでズリこくのを。固いチンポが柔らかく弾力のある乳に埋まる。そして発射し水着を着ているのでザーメンが飛び散ることなく乳にベットリ付く。水着越しに揉んで今作のように染みこませ白の水着なのでザーメンで乳や乳首が透けてみえるのをみたいです。そしてプールか海ではビキニで泳げなく動きも鈍るので教えながらイタズラ。少し泳げるようになったところで足のつかない所に誘導し、まだ怖いのでキリヤにしがみつく。キリヤはクララを後ろ向きにさせ両手を組ませを自分の首にかけさせる。負荷がかかりそんなに負担ではない。そこで手も使えず逃げることもできない状態のクララのビキニをとり、乳を後ろから揉んでほしい。揉むときは水中で。また、オマケで陵辱系では海を荒らす大ダコモンスターの怒りを鎮めるためにクララがイケニエに。海に浮かぶ小島の海岸近くで丸太で後ろ手に縛られている。膝下まで海につかっているといい。そこで大ダコが現れ足先で体を攻め服を引き裂く。服が少し残ると言い。タコ足を絡めてきて吸盤で乳や乳首を太ももを吸ったり足先で乳を突いたり乳首をはじいたりして、ひたすら感じつつも嫌がって耐えてほしいです。
【2012/01/28 10:51】| | ヤスシ #4ef5511edb [ 編集 ]


サンクリではありがとうございました
光風館に来たときのシーナとのやりとりから
家事はそれなりに出来るっぽいようですが
慣れないエルデで半ベソな姫ってのもいいですね
HIMESAMA TO2大満足でした
特に裏は俺得すぎて他の人はどう思われるか心配になるくらい
エロシーンは勿論ライデルの小言にむくれる表情など
姫をかわいく魅力的に描かれているのがうれしい
次回は水着編だそうですができれば
またティアラ着用したまま半脱ぎプレイみたいな感じをお願いします
【2012/01/29 21:07】| | HAYA-OH #29f3f1286d [ 編集 ]


無題
ヤスシさん>
おぉ大ボリュームのご意見ありがとうございます。
本の方も買っていただいたようでありがとうございます。
ご要望いただけると、それを参考にしつつ製作できるので助かりますw

これだけで一冊、いや2冊は描けそうですね。カナヅチ姫様は良いですね、可愛いw

次はもっとエロく、良い物に出来る様頑張りますので、よろしくお願いします。



>HAYAーOHさん

こちらこそスペースまでお越しいただきありがとうございました。
満足いただける本になっていて良かったです。
今後はよりご満足いただけるような本を作っていこうと思いますので、その際はよろしくおねがいいたします。

僕もティアラ+半脱ぎプレイ好きなので、次の水着篇ではしっかりそのあたりをやりますよw
【2012/01/30 01:23】| | マスクザJ #57729ea29c [ 編集 ]


無題
前回、おっぱいマーキングを希望した者です。新作買いました。私の希望を200%叶えていただきありがとうございました。部屋で後ろから乳を揉まれながらクララが後ろ向きに話しかけるときの上からみた大きな乳がいい。服の中に手を入れて揉み少しずつ乳首を出すまでは優しくしていたが他の男に乳を見せていたのがわかると急に乱暴になろのがいい。クララの乳にいろいろできることを言いながら自分の物だというのがよかった。パイズリして胸に発射し後ろから鷲掴み大きな白い乳を褐色の手が揉んでいるところがアップになり、それを横からみた絵もナイスです。次ページでは乳を揉まれながらの表情もあり左右の乳の間で糸をひく粘っこい精液、乳からたれるザーメンも実によかった。ここで何回ヌイたかわかりません。乳を揉んでるときにクララの表情も一緒の絵が多く満足。挿入していくのを3段階で図解していくのも気に入ってます。挿入しながら乳を掴んで吸うのはよかった。身も心もキリヤの物という男心をくすぐる台詞も好き。
ただ、陵辱モノはやりすぎです。あれよりは辱めを受けて耐える方がいい。姫なので他裕福な国から援助を受け、そこのブサイクな王子と政略結婚させられる。拘束されていないが自由はなく王子の脂ぎった腹がベットリとクララの乳にくっつき、ねちっこい攻めに嫌がりながらも感じつつ耐える。または、敵軍が攻めてきて今まで自分が上の立場だった住まいで囚われの身に。縄で縛られ敵のリーダーの渋めの中年に攻められるも、きっとキリヤが助けに来ると信じ耐える。男もそんなクララを知って、あえて強く攻めず、じっくり自分の色に染めようとする。そんなのをお願いします。
また、今作は他の者がいてなかなかエッチにならなっかったので二人で日本に旅行。温泉宿で離れの部屋をとる。大露天風呂とはいかないが岩で囲まれ野趣ある露天風呂で岩に手をつき後ろから挿入されて突かれ乳が激しく揺れる。また、内風呂もあり壁も木で囲われた総ヒノキ風呂。露天よりは小さいので湯に浸かりながら密着エッチを。後ろから乳を揉んで片方はアソコに手がのび弄る。体を洗う時も後ろから洗うフリして乳を揉む。クララもキリヤの腕や体を乳で洗い背中に回る。だんだんと上がっていき乳で頭を洗う。そして和室で布団の上で浴衣エッチ。帯でクララを後ろ手に縛り胸元に手を入れる。乳を出して攻めるのだが、焦らすために筆を使い乳や首筋、うなじ、フトモモを攻め、今までのエッチで出来上がったクララが、どうして口や手でしてくれないの?と男心をくすぐる台詞をいう。
今回は私の願いを叶えていただいたので次回は先生の描きたい様にするか他の人の要望を叶えてあげてください。私の今回の要望は先生がネタに困った時や一部分でも使ってみようというので充分です。(出来れば全部使っていただきたいのが本音ですが)好き勝手に描いていい同人誌に願いを叶えていただき本当にありがとうございました。完全にリピーターになりました。次回作も楽しみにしています。
【2012/02/11 12:20】| | ほぼブラジル #555cb78d3b [ 編集 ]


ありがとうございます
ほぼブラジルさん>
返信が遅くなってすみません!

こちらこそ良いネタ提供ありがとうございました。

今回もガッツリご意見ありがとうございます。
今後とも是非よろしくお願いいたします。
イベント会場などでお会いする事がありましたら、是非一声おかけくださいねw
【2012/02/17 13:43】| | マスクザJ #534a236aa3 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>